読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

「ドクター・ストレンジ」を見た感想は『完成形じゃね?』だった

マーヴェル映画もすっかりヒット作の常連さんになって久しいですね。昔はゆーても暗中模索な期間もあったもので、デアデビルとかファンタスティック4とかまるで無かったかなような存在の作品もチラホラありました。

 しかしそうした試行錯誤や大スベリの経験があってこそのアイアンマンでありアヴェンジャーズだと思います。不屈の精神が、ケヴィン・ファイギを突き動かしたからこそ、今日のマーヴェル・スタジオがあるんでしょうな。

 で、遂にと云うかとうとうと云うか、待望のバランスブレイカー登場です。

 マーヴェル・ユニバースの中では、ソーみたいな神なる存在が登場する事もあれば、ただ単に超人的な普通の人間であるホークアイのような存在も同居している、実にリアリティラインが不安定な世界でした。

 いや今もそうです。

 その事自体は何もマイナス面ばかりではないのですが、ただ中々面倒な存在も居たりするわけでして、その有名な一例が本作の主人公、ドクター・ストレンジと云えるでしょう。

 例によってネタバレを厭わず自由に書きますので、ご覧になるご予定のある方は自己責任で読むか否かを御判断されますように。

  • 基本情報
  • 感想
    • 物語は立ち上げが一番楽しいのである
    • テンポ感はもはや完成形
    • ハリウッドに残されたファンタジー
    • バトルシーンは劇場で観て欲しい出来栄え
  • 最後に
続きを読む

御堂筋線東三国駅付近でDCファンが何かの呪いを実践しているのか……?

近所なんですね。東三国駅。歌手のaikoさんは東三国が地元だったそうで、彼女がオススメする「タコたこ」と云うたこ焼き屋さんが一部で有名だったりするあの東三国です。

続きを読む

「沈黙 -サイレンス-」を観た感想は『これは娯楽作品に対する踏み絵か?』だった

先日、公開したばかりの映画「沈黙 -サイレンス-」を観てきました。直ぐに感想を書けば良かったのですが、しばらくどうしたものかと考えてしまったんですね。しかしまあ、時間が経って気持ちも整理されて来たので、書いてみようと思います。ネタバレを厭わずに書きますので、ご覧になるご予定のある方はお読みになられませんよう。

  • 基本情報
  • 感想
    • 日本人が知らない日本の隠れ切支丹を描く
    • 観客は主人公の視点に乗っかる
    • 沈黙の意味が重た過ぎる
  • 最後に
続きを読む

基本無料ゲームを嫌ってる? 無料を考える vol.002

無料を考えるエントリ2回目です。今回はゲームについてです。サービスの有料無料の話題において、ゲームほど多くの人が怒り、喜び、文句を発信するサービスは他にありません。強力なエンタメ・コンテンツとして人々の心を強く揺さぶる事が可能であるが故に、反発もまた過度な加熱を引き起こすのが、基本無料のゲームコンテンツなのです。ではいざ。

  • ゲームの無料化
  • facebookのソーシャルゲーム
  • 2008年最大の事件
    • Zynga爆誕
  • DeNAとGREEのオープン化
  • 無料が一番怖い
    • 無料サービスのキモは継続率
    • セーフティネットの機能不全
  • 最後に
    • 関連エントリ
続きを読む

インターネットのサービスにお金使ってる? 無料について考える vol.001

西野氏の一件で、今更ながらフリーミアムの事を考え直したワケです。2010年以降何度も自問自答して何度も同じ答えに至った案件です。

 無料は悪なのか?悪ではないのか?

 そしてまた僕は、同じ問いを自分に投げかけたのでした。何度かのエントリに分ける事になりそうですが、考えた事や歴史的背景なんかを書いてみようと思います。先に云っておきますが、別に役立つ情報は含まれませんので悪しからず。

  • 基本無料のビジネスモデルには誰でも触れている
    • 検索サービスの恩恵
    • シェア獲得の果てに
  • 基本無料から始まるサービス
    • 無料サービスはコストをかけずに提供出来る?
    • 技術者達が循環する
  • 無料化の波
  • 最後に
続きを読む

塗り絵が楽しくて夢中になってしまう

娘が成長して、塗り絵が欲しいとせがむような年頃になって来ました。僕も昔から大好きです塗り絵。最初期の頃はとにかく絵の内側をはみ出さずに綺麗な均一の色面で塗り上げる事を目指していたなあ、なんて思い出します。

続きを読む

キングコング西野氏が犯したミスを考えてみる

最近しょっちゅう彼の名前を目にします。主にネット上でのニュースや記事として。正直あまり興味はなかったのです。と云うのも、僕は彼を芸人としての活動のみ認識していて、キングコングの芸風が好みではなかったのです。

続きを読む

ダイエット4ヶ月目で7kg減くらいのペースをオススメしたい!僕が実践しているゆるーいダイエット法のポイントは5つです

遂にこの話題にテを出す事にしました。あーはいはいアクセス稼ぎたいのね、って思いましたかまあ思いますよね。でもまあ、自分に対する備忘録の意味合いが強いのと、本当に誰かの役に立つかもしれないと云う可能性を感じての行動ですので、気が向いたら続きも読んでくださいね。

続きを読む

「悲しくてやりきれない」を聴いて「パッチギ!」を思い出した

先日、劇場で「この世界の片隅に」を観てきました。とても素晴らしい作品で、中盤からラストまで、ずっと泣き続けてしまいました。泣かせようと躍起なっているようなタイプの作品ではないのに、1つ1つのエピソードの積み重ねがとても丁寧で、じわじわと心の中に食い込んでくる感じです。

 「この世界の片隅に」の感想エントリは既に書きましたが、劇中歌として使われていた「悲しくてやりきれない」を聴いて思い出した映画作品があったので紹介してみわうと思います。

 井筒和幸監督の「パッチギ!」です。

続きを読む

「ライト/オフ」を見た感想は『トレーラー大賞!』だった

ホラー映画が好きなんです。スリラー、サスペンス、と云った「恐怖」を取り扱った エンタテインメント作品の魅力が大好物です。抑も「恐怖」とは防衛本能や危機回避の目的で発現する情動であろうハズなのに、それをも娯楽として解釈してしまう人間の貪欲さに惹かれているのかも知れません。

いつものようにネタバレを厭わず好き勝手書きますので、鑑賞予定がある方は自己責任でお願いしますね。

続きを読む

娘が遂にBABYMETALを歌って踊り始めて悶絶死しそう!

日々、メタリックな音楽を好んで聴く僕は、隙あらば休日の自宅でもソレ系の音源をかけがちです。流石に家族団欒の場でイキナリCarcass(初期)やRepulsionを流すほど空気の読めない男ではありませんが、BABYMETALはなかなかのローテーションでかけます。

 やっぱすーさんの声は子供にも優しいのでね。

 いつか我が娘にも、BABYMETALを好きになって欲しいなぁなんて思っていたものですが、この正月に遂にその時はやってきました。

続きを読む

「ドント・ブリーズ」を観た感想は『最近珍しい教科書的優良作品だなー』だった

映画を劇場で良く観る年末でした。いや観せてもらってたと云いましょうか。2歳児をもつ家庭ながら一人で休みの日に2時間の自由を享受出来るのは、一重に妻の有り難い温情によるものです。妻は、僕にとって映画を劇場で観る事にどれ程の意味があるのか、どれ程の活力になるのか、を理解してくれている数少ない人類です。感謝しまくりで感想を書き綴りたいと思います。

 いつもの通りネタバレを厭わず書きますので、ご覧になる予定のある方はご注意くださいませ。

続きを読む

「この世界の片隅に」を観た感想は『ノーマークでほんますんませんでしたあああああ!!!』だった

先日、エキスポシティで観て来ました。元々は劇場で観ようかどうしようか迷っていたんですね。気にはなっていたし評判もイイんだけど、劇場で観るべき?と疑問を持っていたからです。

 ただ、とある映画ファンの友人からオススメいただいたもので、これは観るしかないなと足を運びました。映像ディレクタでもある彼が勧めてくれる作品は、僕の好みにとてもマッチするのでね。信頼出来る価値観を持っている人からの薦めほど有難いものはありませんな。

 そしてこの作品は、劇場で観た事に大変満足出来る出来栄えでした。この作品は出来れば多くの人に観ていただきたいと強く思っていますので極力ネタバレは避けますが、云いたい事は遠慮せずに書きますので、悪しからず。

続きを読む

捨て曲無しのアルバムは存在する!神アルバム降臨5選 -其の4-

なんじゃかんじゃでこのエントリも4回目です。と云っても、厳選する目を緩めたつもりはありませんし、これからも緩めません。僕の好みと云う縛りの中では最大限の称賛を込めて、自信を持ってオススメするアルバムばかりです。ではまた、洋邦問わず5枚のアルバムを紹介します。

続きを読む
written by つよ