読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

リキッド・テンション・エクスペリメント

これ、スルーしてたなぁ。ニコニコ動画で、すげー巧いギタリストがコピーしてる動画をアップしてて、このユニットの存在を知りました。あのマグナカルタレーベルですよ、あなた。

かつてトニー・レビン+スティーブン・スティーブンス+テリー・ボジオのユニットは強烈でしたが、喜び勇んで即買いした割には、あんまり聴いてなかったんです。技巧派連中の考えるインプロは、難解過ぎてどうも「楽しむ」ってトコまでいかなかったんですよね。ムムムと分析してナルホドーとなることはあっても。

でも、この作品のメンツは、マイク・ポートノイ+ジョン・ペトルーシ+ジョーダン・ルーデス+トニー・レヴィンですよ。つーか、ドリーム・シアター(当時の)の連中とトニー・レヴィンがやりたかっただけちゃうんって思いますね。

基本情報

Liquid Tension Experiment 1

Liquid Tension Experiment 1

 

感想

当然ながらインストばっかなので、ギターとキーボードのメロが際立ってて良いですよ。たぶん、テーマを8小節くらいだけ1時間程度ジャムって決めて、あとはイッテミヨーな感じで録音しちゃったんでしょうね。

作曲なのかインプロなのか境界線が判んないです。

最後の5曲は殆どなにも決めずに録ったぽいし。でまあ、ボジオの時みたいに、巧いけどつまんないってことになってるかっつーと、これがめさめさカッコイイ!

ゾクリとするリフがコンコン出てくるし、凄まじいユニゾンに萌え転がる瞬間がまー多いこと。当時の3人は同じグループなんだから、息が合ってるのはまあ当然なんでしょうかね。

完全に飛び道具系の音楽ですが、一聴の価値有りですぜ。■■

written by つよ