読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

ゲスの極み乙女の川谷くんがよく叩かれているがミュージシャンに何を求めているのか

考え方 音楽 ゲスの極み乙女

ゲスの極み乙女の川谷絵音くんが1番有名になったのは、残念ながら作り出した音楽によってではなく、人気タレントベッキーとの不倫が発覚した事によるネガキャンによるものでした。僕はゲスの極み乙女のアルバムを好んで聴いていましたが、このニュースによって特にマイナスを感じる事なく好きな音楽を聴き続けていました。

 まミュージシャンだしそう云う事もあるよね。

 それくらいの感覚です。相手がベッキーだった事もニュースが拡大する要因だったのは間違いないですよね。比較的国民的な支持を得ているタレントさんだったし、明るくポジで快活なイメージが売りだったのだから、不倫と云う行為が持つダメ人間感やうっすら漂う淫猥な印象が、タレント生命にとって致命傷となってしまったワケです。

ダメ人間との恋愛

ベッキーがいかに川谷くんの事を大切に想っていたかは知る由もありませんが、その想いのレベルがどうだったとしても、公に出来ない事を承知していながら自分にブレーキをかける事が出来ない程度には、川谷くんの事を好きだったのだろうなとは思います。

 二人で秘密も持ち、二人で障壁の乗り越えようとするのは恋愛最大の醍醐味でもありますから、褒められる事ではありませんが、気持ちはわかる気もします。

 サムいLINEの内容も詳しくは覚えていませんが、なんだか中学生の恋愛を見ているような気分になっったものです。何分結構前の話なのでうろですけども。あんな中学生な内容を書けるベッキーはなんとも純真な人なんだろうなと感じました。純真で愚かだったのは残念なところですが、それはソレで人間らしいね、とも思います。

 さて一方川谷くんも、あの中学生日記に付き合っていたわけですが、彼は純真ではなかったろうなと想像するのです。かと云って人の気持ちなど理解しようともしない外道と思っているかと云うとそうでなく、いたって普通のダメ人間だったろうなと云う理解です。

 ダメ人間、と書きましたが正確には才能のあるダメ人間、ですね。

 才能があるダメ人間は実は珍しくありません。いえ、才能がある人自体は数少ないと思いますが、その中ではダメ人間の比率は概ね高い気がします。ここで気になるのはダメ人間とは?と云う部分でしょうが、僕の定義はこうです。

 トータルで見ると欠損があったりアンバランスな人間で、パラメータが極端に偏っている人。

 お気づきかもしれませんが、こう云った人は実は魅力的です。しかも強烈な魅力を持っている事があります。他人との差異はつまり個性ですから、強烈な個性とも云い替えられますね。強烈な個性を持っている人はダメ人間認定してもいいなと思うんですよ。

 何がダメか?

 大多数の人間の感じ方や理解の仕方を真似出来ない部分がダメなのです。これは逆説的な意味ですが、マジョリティが正義なのは歴史が証明してしまっているので、仕方なしにダメ認定すると云った理解でも良いでしょう。才能のある人の中にダメ人間は多くいますが、ダメ人間だからと云って才能があるとは限りません。単なるダメ人間は、ただただパラメータが偏っただけの、迷惑な存在です。

 川谷くんは、才能のあるダメ人間なんだと思います。

 僕としては、単なる1リスナーとして彼の作る音楽が大好きですし、ゲスの極み乙女と云うバンドは稀有な存在だと思っています。ですので、彼が、或いは彼等がダメ人間だったとしても一向に構いませんし、いやむしろダメ人間であり続けてくれた方が創作がより面白くなるかもしれないと感じています。

 よくもそんな身勝手で無責任な事を云えたものだな、と思われたでしょうか。そうです、身勝手で無責任な思考です。自分でもそう思います。ただ、川谷くんの事をコチラは知っていても彼は僕の事など存在さえ知らないのですし、その程度の距離感で充分じゃないかなと思います。彼自身の事は肯定しているのですから、良くやったほうだと褒めてもらえるくらいじゃないでしょうかね。

 彼のダメ人間ぶりを愛しているとさえ云えるかもしれません。

 もちろん、彼の奥様だった女性の気持ちを想像すれば胸が痛みます。本当に気の毒だなと思います。しかしそれもまた身勝手で無責任な想いに過ぎず、逢った事も存在さえも知られていない女性に対して思える事には、かなり早い段階での限界があります。

 いずれにせよ、僕がどう感じようがどう悲しもうが労わろうが、彼等には1ミクロンも影響を与えません。

 そんな距離感の存在に、多くの人が道徳心や倫理観、模範となるような人間像?を求める心理が、僕には全く理解出来ないんですよね。彼等が倫理的に良くないなと思える事をヤってしまったとして、あなたの生活や人生にどれ程の影響があるの?と。

 答えはまあ判っていて影響なんてほぼほぼないワケですが、それでも声高にわざわざ自らカロリーを消費して批難や罵倒を浴びせようと云うのですから、なんとも酔狂な行為だなと思うワケです。公衆便所の落書きを必死に繰り替えしているのを見ているような気分、に似ています。

才能は価値

ミュージシャンは殆どの人が才能を持っています。

 才能を持って生まれた事はもはや本人以外の要素がどうにか影響し合って成立した結果ですから、本当に希少で価値がある事だと思うんですよね。才能ある人が世に認められていない状態や才能ある人が志半ばで挫折する様は、本当に不幸で残念な事だと思います。

 ですから、ちゃんと世に出て人々に称賛された才能の持ち主には、本当にその才能を死ぬまで発散し続けて欲しい、発揮し続けて欲しい、発展させて欲しいと思うんです。

 新たな恋人を作る速さにも驚きました。ベッキーとは終わったからじゃあ次の恋人さーがそー、って感じだったのかも知れません。やはりダメ人間認定しても良いですよね。

 しかし、この事も、そんなヤツ世間的にはまーまーおるんちゃうん?と感じてしまいます。秘密を持っていない人など数少ないでしょうし、多くの人にとって1人は寂しいものだろうし、古風な感覚で操を立てるなんて人は滅多に居ないんではないでしょうか。僕は好きですけどね、操を立てると云う思想。

 しかし今の時代にはなんだかミスマッチに思えるのもまた事実です。性交渉の重要度は時代によって大きく変化もしていましょうし。ソコに文句云っても嘆いても、どうしようもないわけです。

 繰り返すようですが、僕は川谷くんの所行を肯定し礼賛したいのではありません。ミュージシャンには楽曲の質を求め続けるのがええんちゃうかな、と云いたいだけです。

 何れにせよ、川谷くんは「未成年の恋人との飲酒」と云う記事を受けて、活動自粛です。しかもプレス前のニューアルバム発売延期、ツアー終了後の活動休止と云う、あまりに見事なパフォーマンスを引っさげて。これには笑いました。商業的損失を最小限に抑えたこのシナリオは、恐らくご本人の発案ではないでしょう。腕のいいフィクサーがいるのかも?しれませんね。あくまで妄想てすけど。

 他人に迷惑をかけて、非難されようが落ちぶれようが、顔や存在を表明しながらヤッている事なので、リスクは背負っています。この事をきっかけにレコードレーベルから干されてメジャーから作品をリリースされなくなる可能性ももちろんあります。聴きたくないなら買わなきゃイイと思いますよ。ダメ人間は、他人に云われて行動を正すなんて事をきっとしませんから、なるようになっていくんじゃないかなーと思います。

最後に

女関係がずるずる、わがまま、他人の迷惑を考慮しない、こんなヤツの音楽なんて聴いてられないよ!などと云っていたら、僕は何ともつまんない音楽体験のみで生きていく事になるな、と思いました!■■

両成敗(初回生産限定盤)

両成敗(初回生産限定盤)

 
魅力がすごいよ(通常盤)

魅力がすごいよ(通常盤)

 
踊れないなら、ゲスになってしまえよ

踊れないなら、ゲスになってしまえよ

 
みんなノーマル

みんなノーマル

 
私以外私じゃないの

私以外私じゃないの

 
written by つよ