読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

新譜発売直前!METALLICA BEST30をランキング形式で好き勝手書くぞ!

大好物のMETALLICAが新譜を発表します。どうにも待ち遠しい日々を過ごしていますが、そんな飢餓感を旧譜で和らげようではありませんか。個人的な好き曲ランキングを書いてみようと思います!

 METALLICA未聴の方に向けたサンプラーとしても機能するかも?しれません。

基本ルールとして、カバー曲、ライブ音源を含まないスタジオオリジナル音源のみから選んで書く事にします!刮聴せよ!

30.Mama Said/Load

アコースティックギターが超イかしてるスローナンバー。男の哀愁が漂うジェイムズの歌声が心地よいです。PVもいいよね!このアルバムはあまり好きじゃないけど、この曲は聴いちゃうんだよなーって曲

29.All Nightmare Long/Death Magnetic

PVは全く意味不明なので無視して曲だけ聴いてくださいね。初期のスラッシュ然とした曲構成を現代に再現したかのような楽曲で心意気は買えるなと思って好きです。チリチリと細かいリフが耳につきます。サビメロがいいね。

28.(Anesthesia)Pulling Teeth/Kill 'Em All

クリフの個性満開のソロ。この曲が1stアルバムにラインナップされているって事自体驚きですが、クリフ・バートンをソコまで信頼していた事が良く分かる内容です。生きていたら、レミーを継ぐ者になっていたかもしれないなぁ。残念。

27.Leper Messiah

メタリカの楽曲でヘヴィネス担当のナンバーが色々ありますが、禍々しい異様な雰囲気を持つ曲で大好きです。ゆったりドコドコバスドラ、が気持ち良いね。メインリフはザクザクしててカッコいいし、後半のスピードアップしてからが直情的に突進するのも王道パターンで最高ですな。

26.Wherever I May Roam/Metallica

5thは完成度がやたらに高い曲が多いのですが、この曲のスケール感は全曲中最高峰じゃないでしょうかね。リフもリズムも突飛な事は一切やってなくて、メタリカらしい歌メロとリフが最高の状態で作品化した、と思います。あと5thアルバムはサウンドが良過ぎて倒れそうです。

25.Fade To Black/Ride The Lightning

2ndの時点で既にこんなドラマチックで臭いスローナンバーを発表していた事に驚きを隠せないワケですが、今聴いてもメタリカが単なるラウドバンドではない事を感じます。後半のヘヴィパートのリフもカッコイイなあー。男臭い哀愁。

24.The Four Horsemen/Kill 'Em All

数少ないシャッフルの曲。リフがザクザクと気持ちいい曲です。この曲もまた中盤で全く別曲のような展開を見せますが、NWOBHM的には大正解だなーと感じますね。

 元メンバーだったデイヴ・ムステインはメタリカを追い出された口惜しさをバネにメガデスを結成し、同じ曲のアレンジが違う爆速ナンバー「Mechanix」を1stアルバムで発表した、なんてエピソードも最近のリスナーは知らないのかも。オマケで貼っとこ。

23.Seek And Destroy/Kill 'Em All

かつてのLIVEでの定番、つーかオーディエンスとのコール&レスポンスを大いに楽しむ為の曲です。僕もLIVEに行った時は声が枯れるまで叫んでいたものです。一時代前のメタル、と云う意味で教科書的な曲ではないかなーと思います。やたらに長い曲ですが適度なスピード感とテンポ・チェンジで、なんだかんだで飽きずに聴き入ってしまいます。

22.Disposable Heroes/Master Of Puppets

メインリフの重たい刻みがメタル脳を直撃してくれるスピードナンバーです。イントロからタメにタメるのが気持ちいいですなー。歌メロは大きな流れなのに楽器隊のリズムはすんげー細かいです。全体に流れる不穏な香りがカッコイイぜ。

21.Frantic/St.Anger

このアルバムはラーズが突飛な事を云いだしてしまった為にドラムの音がアレな感じで残念ですが、この曲は面白いので好きです。シンコペーションのAメロなんて彼等の曲では珍しいしブリッジの異国情緒溢れるハーモニーも個性的ですな。たぶんチューニングもちょっとだけ変えてて?微妙に心地よい響きを作り出しています。 

20.To Live Is To Die/...And Justice For All

4thくらいまでは各アルバムに1曲はインストが含まれていて、メタルバンドとしては結構異質な事だったんですが、この曲のドラマ性は最高です。実にメタリックなギターサウンドでこんなにも感情を揺さぶられる曲を表現出来るとか天才ですか。ゾンゾン響くピッキングがキますなー。 

19.Master Of Puppets/Master Of Puppets

名作3rdのタイトルトラックです。LIVEでも定番の盛り上げ曲ですな。採譜するとワケのわからん変拍子が組み込まれているのに、細けーこたーどーだっていーんだよ精神で乗り切ってしまう男気が最高です。誰の?ラーズの!曲構成も複雑で大作感がありますが合唱も出来ちゃう曲なので、そらアガるわ。

18.Harveser Of Sollow/...And Justice For All

はい、ヘヴィ担当曲ですよ。アルバム全体的に4thは低音がスッカスカなのが残念ですが、その分LIVEでの重圧感たら半端じゃありません。リフに合わせてOi!Oi!と叫ぶのも定番の煽りで嬉しくなる瞬間です。ウネウネした低音パートが個性的で好き!

17.Better Than You/Reload

なんだかこの頃は彼等が最も迷走していた時期だったようで、かなり実験的な曲を放り込んでいました。この曲はその例の一部だと思います。恥ずかしいくらいにストレートなヘヴィロックで、ある種吹っ切れた感と云うか、開き直った潔さを感じます。このアルバムを最後にジェイソンはメタリカを去ります。ジェイソンのエンジン全開はなLIVEが好きだったなあ。遠い目。

16.Holer Than Thau/Metallica

5thの収録曲中、1番シンプルでストレートなロックナンバーです。彼等の音楽はスラッシュメタルを源泉としていながら、メロディが多分に含まれているんですよね。明らかにイギリスのメタルから影響を受けているなーと思いますが、この曲辺りはイギリスパンクの片鱗を感じるのは僕だけでしょうかね?

15.The Memory Remains [feat. Marianne Faithfull]/Reload

のたーっとした、引き摺り系スローナンバーです。歌い方もネチッこくてイイね!この頃の曲は、メタルと云うカテゴライズから逃げようともがいていたような印象で、ロックバンドになろうなろうとしていたんじゃないかなと感じます。曲構成も彼等にしてはシンプルです。これはこれで後に繋がる新しい個性の獲得に成功したなと、今になってみれば、思いますね。

14.Eye Of The Beholder/...And Justice For All

地味な曲の紹介になります。曲の構成もアレンジも地味ですw が、変則的な持ち味はしっかり刻み付けられています。サビのリズムチェンジやソロの自由さ加減は、この曲の萌えポイントでしょうかね。なーんかダサカッコいいんだよなー。

13.Nothing Else Matters/Metallica

メタリカが実は演歌も創れる事を証明した名曲です。いえ、しっかりパワーバラードですから安心してくださいよ。イントロや間奏が高品質な演歌の味わいを表現してしまっているだけですから。本当に歌メロが大好きで、詩も覚えてしまっています。ラスト付近のGソロが胸熱展開で何かがこみ上げてくるようです。

12.Of Wolf And Men/Metallica

リズムがシンプルで、モッシュが捗りそうなLIVE向けの曲ですね。カークのソロがまーまー取り止めが無くて、これもまた彼等の味わいだなーなんて思ってしまいます。メインリリフがほんのりコミカルに感じるのは僕だけでしょうか。ザッザカ ザーラ ッザッザー デケデコ デイーン デイーン♬。

11.The Unforgiven/METALLICA

この曲もムード抜群のスローナンバーです。哀しさが漂うイントロから、感情を一気に吐き出すかのようなAメロの流れでいきなり心臓鷲掴みです。サビメロも美しいなあ。ジェイムズのヴォーカリストとしての表現力が素晴らしい曲でもありますね。吐き捨てる歌い方が最高。

10.Until It Sleeps/Road

彼等にしては珍しい曲調ですが、雰囲気が大好きです。構成は超がつく程シンプルで、アレンジもサウンドプロデュースも控えめです。歌モノって感じ?PVは映像が美しくてイイね。Gソロも控えめで大人げあります。ラストに向かって上り詰めていく感じが大好き。

09.One/...And Justice For All

メタリカ初のPVがこの曲でした。ジョニーは戦場に行った、と云う小説を原作にしています。戦争を思わせる演出があるのはそう云う意図なんですね。前奏上り詰めてツインリードがイキナリ美しいです。歌は絶望的な状況からの脱出を願う叫びの歌です。曲調も相まって胸が苦しくなります。後半のテンポアップパートはメタリカ節全開で最高だす!

08.Fuel

ヘヴィロックの教科書みたいな曲です。ストレートでシンプル。全曲中、最も走ってる曲かもしれませんね。サビの金物を排したリズム構成は意外性もあってカッコいいよね。多分多くのキッズがコピーしたんじゃないかなー、プレイしやすそうだしね。

07.Dyers Eve/...And Justice For All

カッコいいんだわーこの曲。 アルバムでは前奏としてインストのTo Live Is To Dieから間髪入れずに始まるんですが、アルバム・ラス曲にふさわしく最初っからテンション爆アゲで走り抜けます。隠れた名曲だと思うなあ。詩の内容も素晴らしいので、訳付き動画でドウゾ!

06.Fight Fire With Fire/Ride The Lightning

メタリカの楽曲中、最もクレイジーな曲と云えばこのナンバーでしょうか。美しいイントロはまるで騙し討ちの作戦だったかのように、メインリフが極悪なイメージでソソリマス。歌メロとバッキングがユニゾンなので、表だか裏だかワケ分かんなくなっちゃうのが最高にクールですな。

05.Battery/Master Of Puppets

はいキタコレ。メタルを愛する者はこの曲を避けては通れないっつーヤツです。最高のアグレッションと最高の完成度が結実した、奇跡の音源、とまで云い切ってしまいましょう。 オープニングのアコギからじわじわと盛り上げる方法論はこの曲で一旦の完成をしましたね。リフも最高にクールです。ベストリフ大賞。とにかく知らない人は聴いて。お願いだから聴いて。

04.Sad Bad True/Metallica

メタリカヘヴィ部門のベストはこの曲です。その他にもヘヴィでカッコイイ曲はたくさんありますが、徹頭徹尾ヘヴィに拘ったのはこの曲だけかなぁなんて思います。スローヘッドバンギングでみんな一緒に行進したくなりますな。ユニゾンリズムのタイトはキメで昇天です。

03.Creeping Death

初期の名曲でもあり、メタルカテゴリの名曲でもあるこの曲が第3位です。これぞメタル、と云わんばかりの超ストレートなリフです。ダウンピッキングがカッコイイよね!詩の内容も出エジプト記を歌っていたりと 、古きヘヴィメタルが持っていた様式美へのリスペクトも感じられます。極めつけはLIVEでの、中盤のコール&レスポンスです。

 Die!Die!Die!Die!

 こんなに直球な大合唱が他にありましょうやいやありません。この雄叫びを上げずにメタリカのLIVEは終われないのです。カークのピロピロソロも自由奔放に飛び回っていて、これぞメタリカ、って感じですなー。

02.Blackend/...And Justice For All

4thのリーダートラックです。ちょっとクセのある曲ではあるのでなかなかその味わいが伝わりにくいかもしれませんが、ハマるとじわじわキいてきます。メインリフからして4/4で素直に進行してくれず、唐突に展開する曲構成も捻くれた感じが最高です。曲のアイデア的には3曲分くらい詰まってるんじゃないでしょうか。例によって途中にスローパートが待っていますが、ここでも大合唱タイム開催です。ツインリードのソロメロも気持ちいいなー。あ、アルバム版の音作りがアレなのはもう仕方ないので許してください。ライブ音源でこの曲が如何にアグレッシヴでファストでクレイジーか、十分に伝わりますよね。

01.Whiplash/Kill 'Em All

さて迷いに迷った第1位はこの曲、ウィップラッシュです。鞭打ちになるまで頭振れ!って事ですね。1stアルバムでこんな曲を作れてしまった事が、メタリカがモンスターバンドに成長させる要因の一つだったのでしょう。歌メロもあって無いようなものですがンなこたーどうでもイイんです。この曲の前ではメタルを聴くものは総て平伏すしかないでしょう。LIVEで演奏された時の盛り上がり方はもはや狂気。メタルを聴いてて良かったと実感出来る瞬間がソコにはあります。歌詞の中でWe are METALLICA!なんて云っちゃってるのも恥ずかしいけどカッコイイ!大好き!最高!嗚呼!

最後に

いかがでしたでしょうか、僕のTOP30。見返してみるとなかなか悪くないランキングだなと自画自賛しています。もしもあなたがMETALLICAを聴いた事がない希少な人類だったとしたら、このエントリをきっかけに彼等の音楽を好きになってもらえたら嬉しいです。さて後は新譜発売を待つだけです!■■

Kill 'em All

Kill 'em All

 
Ride The Lightning

Ride The Lightning

 
メタル・マスター

メタル・マスター

 
メタル・ジャスティス

メタル・ジャスティス

 
メタリカ

メタリカ

 
LOAD

LOAD

 
RELOAD

RELOAD

 
セイント・アンガー

セイント・アンガー

 
デス・マグネティック~ストロング・エディション

デス・マグネティック~ストロング・エディション

 
written by つよ