読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

漫画不感症になって久しい僕がオススメする死ぬ迄に絶対読んで欲しい傑作漫画15選 vol.2

書籍 漫画 オススメ

以前にも書いたんです、このエントリ。漫画に関する文章はネット上に履いて捨てて腐ってまた芽生える程に溢れかえっていますよね。もうオススメランキングとかいらんしwwwってなってますかなっていますよねええ判ります。正直云って、「漫画」「オススメ」で検索したら上位5つくらい読むともう十分ですいや3つでいいかな。しかもこのテのエントリは平気で100冊とかサラリと紹介されていたりするので、まあ今更書く意味あんの的な事は思うワケです。

 ただこれらのランキングを眺めていて、大好きな作品が意外に忘れられていて悲しい気分にもなっていたのと、漫画不感症になって久しい僕が去年また漫画を買うようになったので、2回目のエントリを書く事にしました。

 あらかじめ男割りお断りしておきますと、わざわざ不人気なものを選んだと云う事では全然ありません。本当に僕の人生に影響を与えた重要な作品群で、もう超愛おしい存在です。

【保存版】死ぬ迄に読むべき傑作漫画vol.2

基本ルールとして、短編でも長編でも、完結している作品のみに限らせて頂きます。最後の最後で駄作になる可能性もありますからね。

01.魔少年ビーティー

魔少年ビーティー (少年ジャンプコミックス)

魔少年ビーティー (少年ジャンプコミックス)

 

荒木先生の作品はドレも大好きです。とは云えJOJOは第五部の終了と共に読まなくなりましたw あ、もういいかなって思っちゃったんですよね。

 僕が荒木先生の作品を大好きになったきっかけがこの作品です。たった1冊分しか続かなった短編ですが、その独特の雰囲気は当時怖ささえ感じる程でした。絵柄もJOJO以降のようなはっげしい描線ではなく、漫画漫画した感じで超好みです。実はかなりおしゃれな絵ですし。エピソードが凝っててイイんですよねー。

 JOJOから荒木先生に入ったっていう方は、是非読んでください!1冊だしすぐ終わるし!ここが原点だったんだなぁと感じますよ。

02.風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)

 

はい今更感あるよねええ判っています。でももし読んでいない人が居たら本当に損してるから読んで欲しい!もうこれで最後だからね!いい加減にして!っていう気持ちです。

 多分、ですけど設定とかあらすじだけブログなんかで読んで、あとは劇場版のアニメを金曜ロードショーで観て「はいナウシカ通った」って思ってる人が多いんじゃないかなぁと思うんですよ。何度も書きますが、本っ当に損してるからね、マジで。

 クロトワのカッコ良さ見てないとかあり得ませんから。宮崎監督の病的な作画を見てないとかありえませんから。

 正直云って読むのに物凄く時間のかかる作品です。たったの7冊なのに1ページ読み進めるのも大変です。でもその価値がありますよ。これで最後だからね!読・ん・で!

03.殺し屋1

殺し屋1(イチ)1

殺し屋1(イチ)1

 

人間のクズばっかりが登場するヤクザものの作品なんですが、良くもこんな事を思いつくなと感心してしまうような痛み表現が凄まじいんです。何も僕がド級のMってワケじゃないんですが、ここまでキャラクタを痛めつける事にストイックな作品はそうそう出会えません。その想像力と独創性にある意味感激してしまったんですよね。

 とにかく禍々しい雰囲気は独特です。登場人物の誰一人としてまともな人間がいないのも絶望的でイイです。

 スピード感のある作品なので、全10巻を一気に走り抜ける感覚で読んでくださいまし。あ、三池監督の実写映画版も素晴らしい出来栄えでしたよ。

04.ポーの一族

ポーの一族 復刻版 1 (フラワーコミックス)

ポーの一族 復刻版 1 (フラワーコミックス)

 

24年組の大御所降臨です。代表作「ポーの一族」を知らないままで死ぬ人類がいるかと思うともう残念で残念で。

 初出が1972年と云う事で、正直絵柄は古いです。これはもうどうしようもない、時代性が大きく反映されるのは当たり前。ただそこを理由に離脱してしまうにはあまりに魅力的な話なんですよ。

 しかもなんと、今年2016年に新しいエピソードが発表されました。実に40年ぶりです。じゃあ話は完結していなかったの?と思われるでしょうがそうではありません。元々、エピソード単位でまーまー完結する構成なんです。

 主人公であるエドガーは物語序盤でイワユル「ヴァンパネラ(吸血鬼)」となった為に、エピソードの時間軸は200年を超えます。そこで発生する愛情や苦悩の物語群が「ポーの一族」です。映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」との類似を云われたりもしますが、コッチのほうが遥かに良いですから!

05.鉄コン筋クリート

鉄コン筋クリート(1) (ビッグコミックス)

鉄コン筋クリート(1) (ビッグコミックス)

 

この作品も好きだなあ。松本大洋先生の作品はすっかり有名ですし「ピンポン」などは実写映画化もされています。本作はスタジオ4℃制作で劇場版アニメ映画にもなりました。

 架空の都市「宝街」を舞台に、ホームレスの少年クロとシロを主人公に、ヤクザの抗争、友情、哀しい運命、が展開します。宝町と云う場の設定にワクワク感が止まらない感覚で読み進めました。

 クロとシロがお互いを必要としている事には、何度も泣かされましたね。絵柄も話も、松本大洋作品の中では一番作家性にマッチしているんじゃないかなぁと思ってるんですがどうでしょうね。

 あそうそう、アニメ版もクッソ最高なので余力があれば是非に。宝街の描写はため息が出るほど美しく醜悪ですから。

06.うしおととら

うしおととら(1) (少年サンデーコミックス)

うしおととら(1) (少年サンデーコミックス)

 

これもねー。今更云うかー?って感じなのは判ってるんですけど、生まれて初めて漫画で泣いた作品なので薦めないワケにもいかないんですよね。

 絵的には最初興味を持てなかったものですから全く触れる事なく連載終了した後に、同僚の薦めで無理矢理読まされたのがきっかけでした。当時僕はフリーランスという立場で漫画の貸し主と事務所をシェアしていたんですね。

 でまあ読んでみなよ、と全33巻をポンと渡されました。で1冊だけ読むつもりで手にとったそのまま、翌朝まで事務所で読み続けた経験があります。

 途中何度か爆泣きしましたが深夜で一人きりだったので遠慮なく泣きました。大人になってからこんなにも感情を揺さぶられる漫画作品に出逢えるとは思っていなかったものですから、同僚には感謝しまくりでしたね。去年はTVアニメ化もされた事だし、まあ皆さん読んでるよね?ね?

07.天才バカボン

天才バカボン (1) (竹書房文庫)

天才バカボン (1) (竹書房文庫)

 

TVアニメがあまりに有名過ぎて原作を知っている人が物凄く少ないんじゃないかと思うんですよね。

 読んだ事ありますか、原作の天才バカボン。TVシリーズみたいなトンでもおやじの単発馬鹿話、って思ってます?

 まあ馬鹿話はその通りですけども、たぶん想像されているものとは大きく違うと思います。天才バカボンに限らず云える事ですが、故赤塚先生のギャグ漫画は総じてヤバいです。

 どうヤバいのか。とてつもなく天才的に悪ふざけをしているんです。

 1960年代が初出ですがこの時代にもうこんな事をヤっちゃっていた事に驚きます。漫画と云うメディアでどこまで悪ふざけを表現できるか?と云う答えの殆どは、天才バカボンに内包されていると云っても過言じゃないかもしれない気もしなくもありません。

 ナンセンス、ブラックユーモア、グロ、シュール、メタ、などなど、まーだいたいココにありますから。死ぬ迄に「TVのバカボンが本当の姿ではない」と云う事実を括目してもらいたいです。

08.Dr.スランプ

Dr.スランプ (第1巻) (ジャンプ・コミックス)

Dr.スランプ (第1巻) (ジャンプ・コミックス)

 

ドラゴンボールは確かにイイんですけども、やはり後半のエピソード引き延ばしなどは、商業的成功と引き換えに背負ってしまった義務が見え隠れして複雑な想いでした。が、Dr.スランプはそんな事を全く感じさせません。

 もう無茶苦茶に面白いです。

 作画も時代と共に変化していきますが、鳥山明と云う作家がとんでもなく成長していく過程を追体験するようで、ソコもメタ醍醐味の一つです。DBも好きですがやっぱり僕はコッチだなーと思っちゃうんですね、まあ歳ですね。

 若き日の瑞々しい描線も超魅力的ですから、未見の方は是非1冊手にとってみて欲しいです。

09.動物のお医者さん

動物のお医者さん 1 (花とゆめコミックス)

動物のお医者さん 1 (花とゆめコミックス)

 

少女漫画で本気で大爆笑したのは後にも先にもこの作品だけかもしれません。佐々木先生の作品は「おたんこナース」も捨てがたいのですが、インパクトではやはりこの作品でしょう。

 タイトルや表紙イラストから想像していたものとはまっったく違う内容で完全に裏切られたワケです。結果的にこんなに笑えるものだったとは物凄い落差。

 北海道のとある大学獣医学部を舞台としてソコに生息する変わり者の教授や学生、動物達のドタバタ、って事なんですが言葉に全然変換出来ない面白さが溢れています。こう云う作品こそ「漫画表現でしか体験出来ないもの」だと思いますね。まかり間違ってもアニメ化とかやめて下さいね、超詰まらないモノにしか成りませんから。

 この作品は稲中と同じくらいギャグマンガ史上重要な作品である、って事は云っておきますよ!

10.さくらの唄

さくらの唄 1 (ヤングマガジンコミックス)

さくらの唄 1 (ヤングマガジンコミックス)

 

はあ~。この作品は思い出す度に、なんと云うか……、苦しくなるんですよね。じゃあ薦めんなやとか云わない!

 たった3巻で終わる話なんですが、現実や大人の世界?、人間のドロドロとした欲望や打算などが、これでもか!これでもか!と叩き付けられているかの如き圧力で読者に突き付けられる感じ、なんです。

 とにかく物語のドライヴ感が凄まじい。

 どうと云う事のない日常に見えた毎日の裏側で実はこんなにもドス黒い思惑や行為が当たり前のように存在していなんて、と云う怖さ。そしてこの世は結局、金とセックスと暴力が支配しているのか?と不安になるような展開。実際後半は無茶苦茶エロくて3巻だけ成年指定なんですよね。でも、最後まで読むとちゃんとカタルシスを味わえます。

 「お天気お姉さん」がヌルく感じられる程エクストリームな作品ですが、読まずに死ぬのはもったいないですぞ。

11.アップルシード

【電子版】アップルシード(1)プロメテウスの挑戦<アップルシード> (カドカワデジタルコミックス)
 

やっぱねー、 士郎正宗はデビュー作が凄かったんですよ。攻機ももちろん大好きです。大好きですけど、アップルシードを始めて読んだ時の衝撃に比べるとやはりインパクトのレベルが違いました。

 デビュー作でいきなり単行本から、なんて今では考えられませんよね。そしてその作品も超個性的でした、と云っても今となっては「攻殻機動隊」や押井監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などでその世界観や作風は周知となっていますから、比較的受け入れられやすい環境にはなっていると思います。

 とにかく攻殻機動隊でみられるように、圧倒的な情報量です。また総てを描き出さない事による読者への参加カロリー要求もこの頃からビンビンに伝わって来ます。補足しておきますが、攻殻機動隊と同じ時間軸の話なんですよ。この作品を読まずして「攻殻機動隊さいこー」とか云ってたあなた、今からでも遅くはありません、是非読んでください。

 物語自体は未完なのですが、作者本人が凍結宣言しているのでルール範囲内、としました。

12.最終兵器彼女

最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス)

最終兵器彼女 (1) (ビッグコミックス)

 

僕にしては珍しく高橋しん先生の作品です。これもまた、絵柄で興味を持てなかったので完全にスルーしていたのですが、友人が「敵がわからん戦争モノ」と評していたのを聞きつけて急に気になって一気読みしたのでした。

 まー、切ないよねー。そら人気も出るわ。

 この作品がチャレンジングだったのは、友人の云う通り敵を描かない戦争を若い恋人2人の視野角で表現していった事でしょう。優れた作品がドレもそうであるように本作も、このテーマとこの絵柄とこの展開、総てがカッツリかみ合って初めて成立しているように感じます。壮大な恋愛漫画ですね。

 この作品を読んでからと云うもの、戦争が起こったら誰を助けたいと思うかなぁとか大切な人が自分を守る為に誰かを殺すのってどう感じるのかなぁとか考えるようになりました。

 おっさんもなかなか拗らせていますね!

13.みんなあげちゃう

みんなあげちゃう 1 (ヤングジャンプコミックス)

みんなあげちゃう 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

弓月先生はどの時代を切り取っても超魅力的な女性を描いておられます。僕の世代?としてはやっぱこの作品だと思うんですよね。

 今じゃ考えられないかもしれませんが、書店でこの表紙の1巻をレジに持って行く時の緊張感たるや筆舌に尽くしがたし、だったんです。

 内容はセックスを明るく描いた恋愛もので、全体的にコメディタッチです。が、セックスシーンはとにかくエロくてエロくて、少年にはもうアレなワケです。また弓月先生の描く女性の体が、程よくリアルで肉感的なのもエロさを倍増させています。

 僕はこの作品全巻を、今までに何度か購入しています。人にあげたり貸したままだったりとリゆうは色々ですが、時々読みたくなっちゃうんですよねえ。

 10巻が好きだったなぁポヤーン。

14.炎の転校生

炎の転校生(1) (少年サンデーコミックス)

炎の転校生(1) (少年サンデーコミックス)

 

馬鹿漫画の最高峰です。馬鹿漫画とは、強さに理由がないと云う端的な定義で云い切れるものですが、本作品は真向からソレ!ただただ殴る行為にも名前を付けると強さ感あるよね?みてーな事をキャラクタが本気で考え実行する漫画です。

 アーよく国電パンチとか云ってたナー。

 その場の思い付きじゃないのか!?と思える程に荒唐無稽な物語があらぬ方向にぶっ飛んでいく様は、ハラハラしながらももっとやれ!感を誘発してくれます。このバランス感が凄く気持ちイイ。スピード感ぱねーので、あっつーまに読めちゃいますよ。

 超オススメ!

15.同級生

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

 

最後は漫画不感症の僕が再び漫画を買い続けたくなった作品です。アニメ映画化もされた超人気BL漫画ですね。まあそれなりにネットでもわっしょいわっしょいヤっていたので名前くらいは観た事ありますかね。

 BL作品は興味ねーわ、と見捨てるなんてもったいない作品ですぞ。

 中村明日美子信者になった僕なのでもう何を見ても感激してしまうんですが、この作品の純粋な感じはもう眩しいくらいです。おっさんの目が潰れそうになる程に。

 そして明日美子先生の繊細で流麗な描線も魅力的。無茶苦茶美しい。最高。好き。1冊で取り敢えず終わるから是非読んでください。別タイトルで続きもあるんですけどね。

 最高。

最後に

とまあ、今の僕に云える事は書けました。この15作品、未読があったら死ぬ迄には読んでおくと今よりもう少しだけ人生が豊かになるかもしれませんよ。■■

written by つよ