読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

任天堂のチャレンジは終わらない!NINTENDO SWITCHを見たファースト・インプレッション10

雑記 ゲーム 任天堂

2016年10月20日23:00。ゲーム業界で、今年最も重要なアナウンスがありました。NXと云う開発コードで呼ばれていた任天堂製新ハードの、プロモーション映像が初めて公開されたんです。

 先ずはこちらの動画をご覧ください。

f:id:BL-beginner:20161021120927j:plain

 見ました?見ましたよね。

 なんじゃこれ!むっさ変なハードやんけ!www

 第一印象はこんな感じです。正直云ってWiiUでは見事に転んでしまった感があった任天堂でした。更にスマートフォンの普及によるフリーミアムコンテンツ(いわゆる基本無料ゲーム)の台頭による、ゲーム専用機市場の冷え込みが追い打ちをかけて、次なるハードへの一般的な期待感は薄かったように思います。

 ゲームコンテンツへの飢餓感も特にない上に、新規ハードに対する期待が薄いとなると、コンシューマゲーム業界の暗澹たる未来にため息をつく日々、だったんですね。なにしろ僕はゲーム開発者ですので。

 しかし。

 待たせに待たせたNXの発表はこの気持ちを変えるきっかけになってくれるかもしれません。スタイリッシュなPVを観た世間の反応はちゃんと賛否両論です。

f:id:BL-beginner:20161021121807p:plain

 

  • ナニコレおもしろそう!
  • VRなしメディア再生なし下位互換なしNTDオワタw

 

 前者の期待は、これまで出来なかったプレイ環境を評価した反応でしょう。確かにコントローラが分離するアイデアや単体複数人プレイを据え置き機以外で実現した事は新たなゲーム体験を提供してくれそう、です。

 一方後者の意見もまた判りやすい評価ではあります。ほぼ同タイミングでちょっと前にPSVRが発売開始し、ヴァーチャル空間に没入する楽しさは正に新しいゲーム体験を提供した今、NINTENDO SWITCHは環境を変えただけでゲーム体験としては特に目新しさを提示していません。

僕が感じた印象

f:id:BL-beginner:20161021121741j:plain

PVを2回通して観た僕の印象を備忘録として書き残しておこうと思います。雑感をザクザクと。

  1. ハードが黒ベースなのは驚いた(スタイリッシュな雰囲気に持って行こうとしているのかな)

  2. PVに子供が全然出てこないのは驚いた(任天堂がキッズファミリー層を蔑ろにする事は考えられないので初報はこう云う作戦、と云う事なのかな)

  3. ゲームのフレームワークそのものはむしろ逆行しているかもしれない(コントローラの形状、非タッチパネル画面、からハードならではの新らしい遊びは想像しにくい)

  4. 本当にゲーム専用機を発表してきたのは任天堂然としてて嬉しい(僕は任信なんで)

  5. ゲーム専用機が今からどれくらいのニーズを生み出せるだろうか(戦う相手はスマートフォンだろうけど、このハードの機能を使い切ったコンテンツを任天堂以外のメーカーが果たして開発出来るか)

  6. ダウンロードコンテンツのマーケット仕様が凄く気になる(任天堂はこれまで結構失敗してきている)

  7. ダウンロードコンテンツのレギュレーションが凄く気になる(コンテンツ内課金あり?ガチャ認める?)

  8. 販売価格が気になるけどPS4と同等なら買わないかもなあ(そもそも映像に登場したアクセサリ類はどれだけが標準装備なのかな)

  9. モンハンでたらヤりたいな(8人狩猟とかできたら最高なんだけど)

  10. まさかEスポーツに力いれるつもりあんのかな(そういうイベントがやりやすそうな設計に一見感じるな)

最後に

まだまだ情報はこれからです。初報が出ただけですからね。賛否両論巻き起こっているとしたら、初報は成功でしょうか。いずれ開発者としての視点からNINTENDO SWITCHを評してみたいなと思っています。■■

関連エントリ

asoblo.hatenablog.com

written by つよ