Distortion Life

ゲーム開発者つよがエンタメを思考したら発信するブログ

ポッドキャスト1周年を迎えました

f:id:BL-beginner:20180604185038p:plain

つい先日、僕の思いつきで始めたポッドキャストの配信が1周年を迎えましたのでお知らせいたします。

 そもそもご存じですかね、「ポッドキャスト」と云うメディアを。

 ハッキリ云って今や斜陽メディアだとは思います、はじめておいてナンですけども。時代はとっくに動画配信。みなさん、youtubeをはじめ、生放送も今や手軽に配信できてしまうご時世ですね。ツイキャスだとかニコ生だとか、割と平易な行為になっていて、本当に驚くばかりです。

 しかし僕のような初老の人間にとって「深夜ラジオの風味を自分でも作りたい」と思った時にヒットしたのは動画配信ではなく、音声のみのメディアだったんです。僕はそれなりに「ラジオ聴き」だったんです。

 そうして調べていくと、ポッドキャストが割と手軽に配信できる事も判りました。

 最初は独りで始めたんですね、最悪続けられなくなったとしても自分だけだったら辞めやすいし、とか思って。ところが思っていたより遥かに面白かったんです、ポッドキャストの配信って。そして僕は最初の数回収録をした時点で「これは続けるな」と感じたものですから、次々と自分の友人達を巻き込んでいきました。

 「ポッドキャストの配信始めたんだけどさ、興味あったら参加してみない?僕とダラダラ喋るだけでいいからさ」

 こんなニュアンスで伝えていきます。そして僕の友人には、何か自分の好きなモノについて一過言持っている人々が多かったんですね、有難い事に。もう「彼等との会話がコンテンツ足り得る」と云う事については確信を持っていました。こりゃ楽しいぞと。

 で色々の話題を扱っていはいますが、このブログで扱うモノのしては、メタル・ミュージックを扱った配信については、お知らせしておきたいワケです。日本のヘヴィ・メタル・マガジンと云えばこの雑誌「BURRN!」。このBURRN!誌を手元に置きながらあれこれとダベる企画、「肴は炙ったBURRN!でいい」をオススメさせていただこうと思います。

 メタル・ミュージックは好きなんだけど、日ごろ語りあうような友達がいない、なんて事は、メタル愛好家の間では珍しくもないあるあるネタです。そう、メタル愛好家が単純に少ないのです(哀しい)。でももしかしたら、おっさんが二人でBURRN!を読みながらダラダラ喋る様を聴く事で、そのストレスがほんのり解消されるかもしれません。試してみるのも無料ですから、どうぞご視聴くださいませ(熱望)。

「肴は炙ったBURRN!でいい」過去界一覧(2018/06/05現在)

1年分という事は12冊分のダベり界を収録したという事なので、まとめてみました。実は一回分だけ、2号まとめて収録した時があったので正確には13冊分ですが、まあ気にせずに。

BURRN!2017年07月号

MR.BIGの特集号。記念すべき企画第一回です。しぃさんをお迎えして二人の思いのたけを語ります。今聴くと、お互いに間合いが判らずぶっ飛ばし気味なのも可愛いものです。云いたい事が山ほどある、と云う勢いは伝わったかなと思うんですよね。

BURRN! (バーン) 2017年 07月号

BURRN!2017年08月号

若手のバンド(と云ってもそれなりにベテラン勢ですが)「STONE SOUR」が特集された号だったので、前後編などに分ける必要が生じない程度しか喋れませんでした。この界をきっかけにTHE STRUTSを知る事となり(しぃさんからのオススメ)、僕個人的にはとても重要な配信でした。

BURRN! (バーン) 2017年 08月号

BURRN!2017年09月号

ベテラン・バンドの「ACCEPT」の特集なので、おっさん達は元気にお喋りしています。僕が大好きなドイツのパワー・メタル・バンド「RAGE」についてもお喋りしています。またこの界からしぃさん大プッシュのバンド「GHOST」の話題も出始めます。最近のバンドもちゃんとフォローしているのは、流石です。

BURRN! (バーン) 2017年 09月号

BURRN!2017年10月号

僕もしぃさんも大好きなバンド「ARCH ENEMY」の特集なので、ソコだけで1時間以上喋ってしまいました。またしぃさんが追い掛け続けているWHITESNAKEにも触れています。愛故にリマスター地獄に自ら突き進む姿は、メタル・ファンのお手本だと思いますね。

BURRN! (バーン) 2017年 10月号

BURRN!2017年11月号

マイケル・シェンカー御大の特集号。僕は不勉強で、この界を収録した頃からマイケル・シェンカーの過去音源を漁り始めました。何かと勉強させていただいた収録だったのを覚えています。また、日本のガールズ・メタルについても語っています。

BURRN! (バーン) 2017年 11月号

BURRN!2017年12月号/2018年01月号

年末年始を挟んで、まとめ収録をした界でした。二人とも避けて通れなかったバンド「METALLICA」の事を思う存分に語りました。クリフ・バートンの思い出、とも云えるかもしれませんが。マルコム・ヤング逝去についても語っており、このあたりから毎号訃報が続き、悲しい限りです。R.I.P.

BURRN! (バーン) 2017年 12月号【CD付】

BURRN! (バーン) 2018年 01月号

BURRN!2018年02月号

日本が世界に誇るメタル・バンド「LOUDNESS」の特集号です。ところが、我々二人ともあまりハマってないバンドではありましたので、内容は薄目。BURRN!の年始定番企画「~年の総括」を、僕としぃさんが自分バージョンで語っているのは熱い内容です。ディスク・レビューでの掘り出し物も多かった界でした。

BURRN! (バーン) 2018年 02月号

BURRN!2018年03月号

メタル・ゴッド「JUDAS PRIEST」の特集号です。しっかり語りつつも、日本のメタル・バンド「THOUSAND EYES」を発見した界でもありました。この界でもディスク・レビューの掘り出し物を発掘していますね。

BURRN! (バーン) 2018年 03月号

BURRN!2018年04月号

またもやマイケル・シェンカー御大の特集号。流石にシェンカー御大の事はちょっと前に語り切った後だったので、フライング・Vなどの変形ギターについて歴史などを語っています。

BURRN! (バーン) 2018年 04月号

BURRN!2018年05月号

リッチー・ブラックモア御大の特集号。僕はレインボーをあまり通って来なかったので、しぃさんに教えを乞う形で大いに語っていただきました。勉強になるなぁ。ディスク・レビューでの僕のイチオシは「ODCULT」でした。超オススメ。

BURRN! (バーン) 2018年 05月号

BURRN!2018年06月号

WHITESNAKEの特集号です。つい先日収録・公開したものですね。この界では日本の純粋メタル・ギタリストである若井望氏による3rdソロ・アルバムについて語っています。不勉強で全然知らなかったのですが、今後活躍を期待したいアーティストです。また僕が、NAPALM DEATHについて語っています。

BURRN! (バーン) 2018年 06月号

その他の音楽関連配信

BURRN!の特集界以外にも、音楽ネタを扱っていますので、ご紹介させていただきます。

音楽遍歴

僕自身の、音楽的趣味の変遷を語った、独り語りの界です。それなりに色々な方面をタッチしながらメタルに行きついているんですよ。

この曲を聴け01

しぃさんに加えて論客「おがちゃん」をお迎えして、2017年聴きまくった曲をプレゼンすると云う界。しぃさんに負けず劣らず濃い趣味をお持ちのおがちゃん節がさく裂した界でした。僕はただただ勉強させてもらった感じです。

ARCH ENEMY

しぃさんと二人で、ARCH ENEMYのLIVEに参戦直後に飛び込んだカウンターバーで収録した界です。LIVE直後、興奮状態の二人の生々しい雰囲気を録れたんじゃないかなと思います。最高のLIVEでした。

最後に

音楽ネタの他には、ゲーム、映画、漫画、などなど、色々の趣味にまつわる話を配信しています。聴いてくださる方がいらっしゃる限りは配信を続けていくつもりですので、よろしければリンク先のプレイヤを叩いてみてください。アプリなどは何もインストールしなくても聴けるので。もし気に入っていただけたら、スマートフォンのPodcastアプリをインストールの上「ヒズミの世界」を検索してください。リスナー様の増加は、超励みになりますので。

 今後とも宜しくお願いいたします。

written by つよ