Distortion Life

ゲーム開発者「つう」がエンタメを思考したら発信するブログ

2018年に劇場で観た全映画の感想を残しておく

f:id:BL-beginner:20181225223357j:plain

今年ももうあと僅か。一年を振り返る、などという事をついついやってしまう程に僕も歳をとりました。若い頃には振り返りなどしなかったものです。しかし僕らしいのは、あくまでエンタメを振り返る程度の事しか振り返ろうとしない点でしょうか。というわけで、今年2018年に劇場で観た映画の感想をざっくり書いてみようと思います。数えてみたら合計で32本でした。と言うことは、単純計算で、2.6本/月くらいのペースですね。まあまあ観てる方でしょうかね。ソフトやネットで観たものは省きました。

■01月

01.キングスマン:ゴールデン:サークル

前作「キングスマン」があまりに面白かったので観るコトにしました。マシュー・ボーン監督は「キック・アス」が最高でしたから、今後追いかけるぞと決めていたのです。が、正直今作はイマイチでした、いやかなり良くなかったと言えます。前作で良かった部分がごっそり失われた感覚でした。残念だったなあ。

02.ダークタワー

スティーヴン・キング原作の連作を元にした実写映画化です。ガンスリンガーが世界を守っている話でファンタジーとスチーム・パンクが入り混じったような世界観に期待して観に行ったのでした。ガン・アクションはかなり良かっんですが、それ以外は凡庸だったなと思います。コンパクトにまとまりすぎた印象です。まあ予算の範囲内でベストを尽くしたのかもしれないですね。元ネタがあまりに壮大過ぎたんだと思います。

■02月

03.グレイテスト・ショーマン

世間ではかなり高評価だった作品です。僕はヒュー・ジャックマンを観たくて劇場に出向きました。冒頭のダンスと歌のシーンから、いきなりハートをわしづかみにしてくれます。実際、劇中で使われている歌もダンスも最高でした。素晴らしい。しかし一方、シナリオは超雑で残念でした。物語性を求めてはいけない作品だったんですね。

■03月

04.ブラックパンサー

MARVELシリーズにおけるサブ・キャラのスピン・オフ作品です。かなり地味なキャラクタなので1人立ちなんかさせて大丈夫か?と不安でしたけど、なかなか良かったんです。ワカンダ王国の、変にハンドメイドだけど最先端、という不思議な雰囲気も独特でしたし、登場する秘密の技術装備も楽しかった。結局はアベンジャーズ・シリーズを追いかけるつもりなら観ておくべき周辺作品の一つですので、ファンなら観ておくといいよ、程度の域は越えないかなと思います。

05.シェイプ・オブ・ウォーター

我らがギレルモ・デル・トロ監督が描く恋愛映画です。恋愛映画というカテゴライズで間違いないのですが、言葉の印象だけで観始めると痛い目を見ると思います。簡単に云うと、聴こえず喋るコトが出来ない女性と人外の逃避行悲恋もの、でしょうか。人外とてのはこれも簡単に云えば「半魚人」です。半魚人を愛せるか、という暗なるテーマも隠されてはいるものの、少なくともギレルモ監督の視線は「愛は無限である」と思い切り振り切っているように感じます。そしてそれはあきらかに気持ち悪い発想です。そして僕はこの気持ち悪さが大好きで愛おしいとさえ感じているというコトだけはお知らせしておこうと思います。暴力描写、自慰描写、性交描写など、まったく手を抜かないスタンスもあっぱれだと思います。

06.リメンバー・ミー

ピクサーが制作した3DCGアニメーション作品です。中南米らしき世界を舞台に、生ける者と死者の世界を股にかけた、家族と愛情の物語。見どころはシナリオの完成度と、死者の世界のディテール、でしょう。トイ・ストーリーやインサイド・ヘッドなど、ピクサーが生み出す世界観はとにかくよく出来ていて、その世界の紹介パートだけでもかなり楽しめるケースが多いですよね。死者は死者の世界であたかも生きているかのうように過ごしていて、しかし、死者である自分のコトを、「現世に生きている人が誰も思い出さなくなった時」に死者の世界からも消え去る「無」という真の死が待っている、といった設定はインパクトがありました。しかしあくまで子供にも向けられた作品である性質上、無常観溢れるこの設定が深く掘り下げられるコトがなかったのは、ほんのり残念でした。

07.映画プリキュア スーパースターズ!

これはこれで許して!プリキュアが好きなんですよね。僕。と云うか意外と最近のプリキュアは妙齢男性のファンが多いと聴きます。事実、現在のシリーズを今年の2月から毎週観続けている僕は、その豊かな物語性やメッセージ性にいたく感動するコトしばしば、なのです。と偉そうに云っても第一話からリアルタイムで見始めたのは今シリーズ「HUGっと!プリキュア」が初めてです。それまでは「戦闘シーンがやべえよ」とか「マジ泣ける」的な評価を半ば冷笑しながら聞いていたものでしたが、見始めたらとんでもなく面白かったのです。そしてもちろんながら映画も最高でした。が。まあなんと云いましょうか、これは冷静な判断ではないと自覚しています。だから特に好きでもない人に勧めるつもりはないというコトだけは、最後に伝えておこうと思います。言い訳がましいかな。

■04月

08.パシフィック・リム2:アップライジング

これも前作がドえらく面白かったものですから、迷うコトなく劇場に向かいました。がしかしかなり残念な作品でした。もし前作を観たあなたが続編に同じ感動を求めてこの続編に手を伸ばそうとするなら、やめておいた方が良いです。この作品について云えるコトはそれだけですな。

09.レディ・プレイヤー1

お金をかけてオタク映画を創ったらこうなった、ってやつです。原作はアメコミですがこの作品にスピルバーグを当て込んだ采配はグッジョブです。原作になかった映画オタクへの味わいまで追加されて、クッソ最高な爆裂エンタメに仕上がっていました。仕事柄、この作品に登場するゲームデザイナに強烈なシンパシーを感じてしまうのは仕方がないのです。勝手に自分を重ねて「これは自分の物語だ」などと青い思い込みを持つコトももはやなくなりまいしたが、こんなに楽しい時間を過ごせたのは随分久しぶりだぜ、なーんて思えたんですよね。男は全員無条件で見ろ、女は頑張ってみて。

10.君の名前で僕を呼んで

イタリアあたりのおされなヨーロッパの避暑地で展開する、一夏の淡い恋の物語。裕福な家庭が別荘地で過ごす時間。やけに青い空。結ばれない恋愛を追体験する。起こる出来事は実に少ないのがこの物語の特徴です。とにかく出来事は起こらない。しかし惹かれ合う二人にとって重要なのは出来事ではなく「瞬間」だった。みてーな!繊細に描かれた感情の微差、そのきめ細やかさを感じるコトが出来ると、この作品は突然輝き出します。まるで息を止めて観るように、丁寧に刮目して欲しいです。男同士の恋愛の物語。

11.アヴェンジャーズ/インフィニティ・ウォー

ブラックパンサーを観たのは、この作品の準備運動だったんです。全くもってまっとうな準備です。遂にサノスとの対決を観れるのだから、準備は万全に施さなくてはね。MARVELを追いかけると決めたのは、シネマティック・ユニバースが生まれるずっと前でした。Uncanny X-Menの洗礼を受けて以来。もうどうやったって観るしかないのです。物語は明らかなバッドエンドで幕を閉じました。続編ありきの作品なので、扇情的な展開のまま放り投げる形で終わっています。この作品を観て、続編を観ずに居られる人がどれだけいるのか、いや居まい。正直続きのコトは概ね知っているんですが僕は劇場に行くしかありません。好きとか嫌いとか、良かったとか良くなかったとか、そういう存在ではなくなってしまっているんです。最高でした。

■05月

12.ランペイジ 巨獣大乱闘

この作品の原作が、かつて海外でリリースされたアーケード・ゲームだと知っているでしょうか。まあ原作と云えば原作ですが、あまり関係ないんです。荒唐無稽で全力投球の馬鹿映画。念の為断っておきますが、これは明らかに褒め言葉です。巨大な猛獣が暴れまわって街中を破壊しまくり、殴り合うシーンを観たいなら、ポップコーンとコーラを持って、頭の中をカラッポにしてから是非。

13.のみとり侍

あまりに観る作品がなく、しかし劇場に来てしまった時に発作的に観てしまった作品です。観なくて良い作品でした。良い部分を絞り出すコトも難しいのです。時間を返して欲しい。いやそれは云い過ぎたかごめんごめん、ソコまで云っていってのは邦画「デビルマン」の領域まで達した時でしたね(←)。

■06月

14.デッドプール2

これもMARVEL。MARVELのコメディ担当がデップで、その続編です。デップに関するネタ元やパロディ、ギャグの説明をするなんて、そんな無粋なコトはありますまい。下品なギャグは瞬発力だけでいいと思うんですよね。前作は、小品ながらパンチのキいた下品ギャグ満載で多いに笑わされたものです。で今作はどうだったのかと云えば、質としてはやや薄らいだ部分もあります。と云うのも、物語に対する下心をついつい監督が見せてしまった部分が、結果的に作品の方向性をブレさせてしまった感があるのです。振り切ったバカさ加減を期待していた僕は、やや減点評価をしてしまうコトとなりました。が、馬鹿馬鹿しさがより突き抜けた部分もあったりして、まあプラスマイナスでややプラス、という着地でしょうか。もちろん今後もついていきますよ。

15.カメラを止めるな!

すっかり有名になってしまったこの作品を、僕はそこそこ早い段階で劇場で観ました。いわゆる劇中劇が展開する二重構造になっている物語で、云ってみれば「二度始まる物語」といった感じでしょうか。シナリオの入れ子構造そのものは上手く成立していて、しかし観たコトがない程のインパクトがあるかと云えばそうでもなく、「なるほどこの系統ね」なんて偉そうな感想を持ったりもしました。ただ、この作品はシナリオ構成そのものの評価だけで語るべきではないと思います。キャスト、セリフ、演技、が僕的には一番気に入りました。主人公である現場ディレクタの「っっっっっっっわっっっっっっっかりましたぁ!」と云わざるを得ないシチュエーションと、その時の彼の心理描写は、「解ってる」感が凄まじいと思うんですよね。観てない人は、ソフトでもストリーミングでもいいから、最後まで観たらいいと思います。絶対楽しめますから。

16.ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

事前情報やトレーラーを一切仕入れるコトなく、まっさらの感覚で、全くなにも知らない状態で観なくてはならない作品、というものが存在します。それがスター・ウォーズのシリーズです。云うまでもなく僕などはギリッギリ1stの世代で、全てのスター・ウォーズ・シリーズ映画を、劇場で観て来ました。云うなれば、映画を好きになったきっかけでもありますので、死ぬ迄もうこの呪いから逃れる事は出来ないわけです。で本作はどうだったのかと云えば、色々中途半端な印象が目立ったように思います。ソロの前日譚として期待していた気持ちは、60%程度しか満足させてもらえなかった、みてーな感じです。観てなくても本筋には影響ないから、信者でなかったらスルーでいいと思いますよ。

■07月

17.ジュラシック・ワールド/炎の王国

これもシリーズ化して久しい、興行成績上位常連作品。前作からシリーズとしてリブートしており、珍しく主人公が2作連続で共通しています。超売れっ子クリス・プラットが今作もいい味を出していました。映像的なインパクトやアクションシーンの構成は流石にスキがなく、料金以上のハイ・クオリティ映像を見せてもらえた気がします。細かいコトを気にせず観れる大娯楽作品でもありますから、シリーズ未見の人でも全然楽しめますよ。ただ物語の最後、実は主人公たちはあるとんでもない行為を実行してしまうのですが、これは随分と思い切った展開だと思いました。次回作の展開に不安を覚える程の選択をしてしまうのです。続きが気になっています。

■08月

18.インクレディブル・ファミリー

ピクサーの映画「Mr.インクレディブル」の続編。本当に前作のラスト直後、から物語は始まります。つまり前作を観ているコトが前提の仕立てになっています。前作は、ピクサー初の「人間が主人公」の映画で、野心的な作品でもあったコトを覚えています。さて今作は端的に云って、「前作と全く同じ内容を、お父さんではなくお母さんで再現」した内容です。本当に見事に何から何まで同じ構造、同じ展開、だったんですよね。これはマイナス要素の側面がありつつも、ある意味鉄板対応とも云えるので、随分と期間の空いた続編だったコトを思うと、まあ「アリ」の選択だったのかもしれません。僕としては、期待はずれだったんですけども。

19.アントマン&ワスプ

本当に今年は続編ばかり観ていたような気になってきますが、これも前作「アントマン」のシリーズ2作目。時系列で云えば、「アントマン」公開後に「キャプテン・アメリカ シビル・ウォー」にもアントマンは登場しており、その続きというコトになっています。日本では全然知名度が低かったこのヒーローを、ちゃんと継続的に映画化してくれるMARVELの懐の深さに感激するばかりです。しかも本作で、遂にワスプまで登場するなんて。あまりご存知ないかもしれませんが、アントマンもワスプもアメコミ原作での初代アベンジャーズ創設メンバーでした。創り手の「想い」を感じます。デップと同じく、アントマン・シリーズもMARVELシネマティック・ユニバースにおいては「お笑い担当」です。作品全体が、笑いでコーティングされていて、今作もそのテイストは守られていました。これ、地味だと思われるかもしれないけど面白いんですよ。人に勧めたいヒーロー映画です。

■09月

20.MEG ザ・モンスター

サメ映画。この言葉が持つ、不穏でありながら心の裏側をくすぐる不思議な魅力を知ってしまったあなたなら、この映画は観ておいたほうがいいと思います。なんと云ってもジェイソン・ステイサム出演ですよ。素晴らしきかな馬鹿映画。これも、ポップ・コーンとコーラを持って観るの必須です。

21.ザ・プレデター

シリーズもの、でありますがそれぞれの作品間での繋がりが比較的薄いものが多いんですよね。これまでのプレデター・シリーズは、一作目を超えるコトは出来ていなかったと思います。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の、戦争映画かと思ったら宇宙人映画だった、という「フロム・ダスク・ティル・ドーン現象(今思いついた)」を表現した作品でしたが、その後の作品はどうもイマイチ突き抜け感が足りないものばかりでした。が、今作はなかなか良かったんです。ちゃんと続編も作れそうな設定や人物配置も出来ているし、ラストのトンデモ展開、というかトンデモ兵器登場によって、俄然続編に対する期待と不安が拡大しました。つーか、アベンジャーズに合流するくらいの展開してもいいかもよ、なんて思います。過去シリーズ観てなくても全然楽しめますよ。

22.死霊館のシスター

はい、これもシリーズ物。ただ死霊館シリーズはそこまで入れ込んで大好きだったわけでもないんです。たまたま時間が出来て劇場に来たが観たいものがあまりない、と云う時のチョイスでした。そう云う遭遇の仕方をしてもたまたま素晴らしい出会いになるコトもあったりするから、無条件にそう云う機会を回避したりはしません。が、今回は失敗でした。全編を通して描かれるのは、物語的展開が極めて遅い「ビックリ演出」の連続に過ぎず、その恐怖演出もかなり平易と云うか単なる音と映像のコントラストにによる「脅かし」しかないので、途中から飽き飽きしてしまいました。そう云うの好きな方はどうぞ。

23.クワイエット・プレイス

この作品は素晴らしいが故に多くを語りたくない系なのです。恐怖も描かれますがテーマそのものは家族の物語です。最高なので是非観て欲しい。ちなみにSF的な観点から云えばツッコミどころ満載ですが、そこを理由に見過ごすにはあまりに勿体無いと思うんです。

■10月

24.search/サーチ

小品ながら気になっていたので劇場に向かいました。中島監督の「渇き」と云う映画作品がありましたけどちょっと似た構造を持った物語で、娘の失踪をきっかけとして娘のPCに手がかりを求めた父親が、SNSを通じて自分が知らなかった娘や娘の交友関係を紐解いていくという話。そして野心的なのは、この映画の全てはデスクトップの画面のみで展開するという演出にあります。主人公の父親も、webカメラで写っているに過ぎないわけです。劇場に行くまでもなかったなとは思いましたけど、ソフトで観るなら気軽に見れるしコンパクトでお勧めですね。

25.映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ!

はい、ごめんなさい、再び。このシリーズは毎年2月と10月に必ず劇場作品が公開されるのです。禊みたいなものです。ちなみに今年はシリーズが開始して15周年に当たる記念の年で、本作では初代の2人を最新作の5人が活躍するという企画になっていて、なかなか見応えがありました。基本は子供向けに作られてはいるものの、今さらわざわざ言葉にして云う事はなくなった「当たり前の道徳感や倫理観、正義」と云った内容を、少女達が何かと闘いながら自ら見つけていく、感じていく、という物語を追体験する構造になっており、大人が観ても全然刺さる内容になっている、と思います。いや、お勧めはしないんですけどね。

■11月

26.ヴェノム

永年ヴェノム・ファンである僕としては、実写映画でこれ以上のものはないな、と思えた内容と出来栄えだったから大満足です。昨今のMARVEL映画にしては珍しく、既存シリーズとの関わりも一切ないので、安心して観てもらいたいです。云っておきますと、ヴェノムは見た目に反して「めちゃめちゃ可愛い」のです。そのコトに驚くとでしょうが、多分同意してもらえると思います。

27.生きてるだけで、愛

邦画です。この作品を観に行くと決めた理由は、原作が本谷有希子の作品だったからです。彼女の作品の映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が面白かったコトを覚えていたのです。この作品は、躁鬱病と過眠症をもつ女性と、週刊誌ライターとして働き詰めの疲れた男の恋愛を軸に、彼等が社会とどんな風に付き合い戦うのかが描かれています。こう書くとなんだか硬い作品のように思われるかもしれませんが、決してそうでもなく、笑えるし泣けるし、走り抜ける爽快感も感じるコトが出来ます。地味ではありつつも面白いと思いました。菅田将暉という俳優を、大いに見直しもしました。色々の人に勧めたいです。

28.ボヘミアン・ラプソディ

2回観ました。午前中に観て、同じ日の夜に応援上映を観にいったんです。2回とも大半を大泣きしながら観ていたので、翌日は目がパンパンに腫れて知人に心配されました。応援上映では遠慮なく大声で大いに歌いました。歌いながら泣きました。そんな経験は初めてでした。そういう作品。

29.SOUNDS LIKE SHIT the story of Hi-STANDARD

ハイスタのドキュメンタリー映画で、生々しい彼等の歴史が克明に描かれます。現役のバンドでありながら、11年間の空白期間に何があったのか、その答えがこの作品にあります。ハイスタの音楽を全く知らない状態でも、創作するものの苦悩や友情復活へのドラマなど、心を揺さぶられる事は避けられないと思います。彼等の音楽とももに、知らない人にこそ勧めたいと思いました。

■12月

30.来る

中島監督の最新作であり、小説「ぼぎわんが来る」の実写映画化です。中島監督の作品は個性が強く、好き嫌いが大きく分かれるところだろうと想像しますが、僕はたまたま好き側の感性を持っていました。過去作「渇き」「告白」などが好みにあうなら、きっと楽しめると思います。今作はホラーと云うジャンル映画ではありつつも、僕は終始ニヤニヤしながら観ていました。つまり「面白い」のです。ホラー要素、毒親要素、オカルト要素、民俗学的妖怪要素、などなど、僕好みのエンタメ・パーツ満載。そして極めつけは「祓い」ものであるというコト。超お勧めしたい作品です。

31.ヘレディタリー/継承

ホラー映画。これもまた、素晴らしすぎて多くを語りたくない傑作です。恐怖ものと云う意味で、ここまで高品質な作品は滅多にであるものではありません。よくありがちな、能天気な導入からじわじわと恐怖を混ぜ込んでいく、などと云った小癪な演出は一切しません。のっけから超不穏な演出満開で、恐怖の出し惜しみなど一切なし、頭からしっぽまでぎっしり恐怖満杯です。またキャスティングも秀逸で、顔面力がとんでもなく高く、「怖い顔」が特殊メイクなどの力を借りずとも、超怖いのです。ラストに向けての駆け上がっていうような展開も爽快感さえ感じる程で、「怖いのだけはどうにも駄目」という人でない限り、是非とも観て欲しい作品。マジで、これはすごい作品だと思うんですよねえ。超お勧め。

32.シュガー・ラッシュ:オンライン

昨日、ギリギリ最後の一本を観て来ました。これも続編で、前作「シュガー・ラッシュ」がげっつい素晴らしい内容だったものですから劇場向かったんです。匠に構築されたシナリオ展開、伏線の見事な回収っぷりにシビレたものでした。で当然続編たる本作にもそう云った要素を期待していたわけです。結果どうだったのか。「インターネット・パロディと既存ディズニーIPパロディに終始した子供向けお祭り映画」でした。超残念。ただそれしか云うコトはありません。

最後に

まあ結構観れた一年だったと思います。アタリばかりではなかったのですが、ハズレばかりでもありませんでした。年末にイイ作品が偏った印象はあったかな。また来年も劇場に出向いていこうと思います。■■

written by つよ