Distortion Life

ゲーム開発者「つう」がエンタメを思考したら発信するブログ

最近よく聴いているミュージシャンを紹介してみる

f:id:BL-beginner:20190111213012j:plain

日々音楽を聴いています。僕もそれなりにいい歳のおっさんなので、かなり意識して「新しい楽曲を聴くぞ」と努めないと、自分の記憶の中に存在する素晴らしい楽曲群だけで、全然楽しめてしまいます。

 しかし僕は、こと音楽の方面についてはまだ貪欲さを維持出来ているようでして、若手のバンドやシンガーに対する興味は、未だ尽きる気配がありません。

 そんな僕が2018年に遭遇して、今でも気に入って聴き続けているアーティストを紹介したいと思います。まあお若い方々からすれば「そんなんも知らんかったんけ」と笑われるかもしれませんがね。

竹原ピストル

存在自体はかなり以前から知っていました。メジャー・デビュー一発目である「野狐禅」というグループの時です。その頃はあまりフックしていなかったんですね、僕としては。

 2018年にとあるきっかけで、大阪オリックス劇場のLIVEに行く機会に恵まれまして、そこで衝撃を受けました。

 広いステージにスポットライト、椅子、予備ギター、だけのシンプルなステージで、しかし会場全体を巻き込み聴く者の感情をぐるんぐるんに揺さぶる、魂の歌声でした。

 殆ど前情報なくマッサラな気持ちで聴いたコトで、彼の歌や詩がよりダイレクトに刺さってきたんじゃないかなと思います。いい出会い方をしたな。

 アコースティック・ギターを久しぶりに弾きたくなりました。

ヤバイTシャツ屋さん

大阪芸大から飛び出した若気の至り爆裂バンド。バンド名からして真面目な奴らじゃないとは思っていましたが、彼らの悪ふざけっぷりは想像の5枚くらい上を斜めの角度ですっ飛んでいきます。

 曲タイトル、歌詞、PV、ステージ衣装、どれをとっても明らかな悪ふざけに徹しているのが素敵です。

 単なる色物バンドとして消えてもおかしくないのがそうはならなかったのは、やはり楽曲のキャッチーさと、悪ふざけのクオリティの高さでしょうかね。

 いやもうね、僕みたいなおっさんにはこういうハチャメチャな若人は、もはや眩しいんですよね。全てのアルバムを聴きましたが、ネタ切れ感は感じていません。どうしようもないアルバム・ジャケットだけはどうしかして欲しい気分ですけど、まだまだ追いかけますよ。

あいみょん

このアーティストも、芸名で一瞬「うっ」となります。が、中身は本物でした。

 彼女のやっているコト、やろうとしているコトは、無粋ながら敢えて言語化するなら「70年台フォーク」がベースだと思います。これは竹原ピストルにも共通する地下水脈で、このカテゴリには云いようのない悪魔的な魅力が存在している、と思います。

 この悪魔的魅力を、いかにして時代に受け入れられる形で再編出来るか、が表現者たる彼女の勝負どころで、かつ高いレベルで昇華し切っていると感じます。

 詩はもちろんのコト、声の魅力が僕的には最高で、ストレートな歌唱についつい涙腺を刺激されがちです。

夜の本気ダンス

彼らも関西、京都ですね。僕などは彼らの楽曲から初期ユニコーンの香りに近いものを感じてしまい、一気に大好きになってしまいました。

 見た目だけじゃなく、アレンジや楽曲構成もスタイリッシュな印象です。歌メロのポップさが超気持ち良いし、Gのカッティングはキレがあってソロも美しい、リズム隊もなかなかニクいプレイを聞かせてくれるし、もっと売れて欲しいなと思わずにいられませんね。

Nothing's Carved In Stone

最後は、去年知ったというわけじゃ全然なくずっと以前から大好きなんですが、2018年発表のアルバムが随分また良かったので紹介します。

 彼らのコトって説明必要なんでしょうかね、良くわかりません。

 LIVEにも何度か脚を運びました。超安定の演奏にシビレたものです。もちろん全パート最高にかっこいいのですが、僕としてはリズム隊に心臓を鷲掴みにされる頻度が異常に高いグループです。

最後に

いかがでしたでしょうね。知らないミュージシャンに遭遇出来ましたか。もし心を揺り動かされる遭遇であったなら、嬉しい限りです。■■

関連商品

GOOD LUCK TRACK (初回限定盤)

GOOD LUCK TRACK (初回限定盤)

 
Tank-top Festival in JAPAN(初回限定盤)(DVD付)

Tank-top Festival in JAPAN(初回限定盤)(DVD付)

 
【Amazon.co.jp限定】瞬間的シックスセンス(A4クリアファイル付)

【Amazon.co.jp限定】瞬間的シックスセンス(A4クリアファイル付)

 
INTELLIGENCE

INTELLIGENCE

 
Mirror Ocean

Mirror Ocean

 
written by つよ